スプレッド-FX用語を知ろう

取引にかかる料金は2種類あります。

  • 取引手数料
  • スプレッド

一般的に、手数料といえば「取引手数料」を指します。
スプレットとは簡単に言えばFX会社の懐に入る隠れた手数料のようなものです。

スプレッド」は「手数料」に比べると理解するのがやや難しいかもしれません。しかし、FXで取引を行うにあたって、必要不可欠な知識です。

テレビやインターネット上の為替情報で、「本日アメリカドルは1ドル105.25〜105.28円で取引されています・・・」といった情報をごらんになったことがある方は多いかと思います。この「1ドル105.25〜105.28円」という表現、これは1ドル105.25〜105.28円の間の金額で取引することができるという意味ではありません。

買値が105.28円、売値が105.25円という意味

です。要するに、

  • 日本円をアメリカドルに替えたい ⇒ 1ドルあたり105.28円が必要
  • アメリカドルを日本円に替えたい ⇒ 1ドルあたり105.25円貰える

という意味になります。
この買値と売値の差「0.03円」のことをスプレッドと呼びます。

また、スプレッドの幅はFX業者により異なります。

日本円⇔アメリカドルの取引をする場合でも、FX業者によってスプレッドが0.01円の業者もあれば、 0.04円の業者もあります。

状況にもよりますが、基本的には「手数料」の差よりも「スプレッド」の差の方が影響が大きい場合が多いです。

スポンサード リンク