レバレッジの仕組み-FXの基本的な仕組み

レバレッジこそがFXの最大の魅力となりますのでこちらでご説明します。

レバレッジとは「テコ」のことで、漢字で書くと梃子になります。

普通、私たちはモノなどを買うときは「手持ちの金額内」にて対象のモノを買います。
手持ちの金額以上のモノは普通支払が出来ず買えません。

FXのレバレッジを利用すると、「手持ちの金額」をFX業者に「証拠金(保証金みたいなもの)」を預け、その「証拠金の数倍〜数百倍の金額」を運用することが出来ます。

一言で言えばFX業者から資金を借りているようなものです。

レバレッジの具体例

(1ドル100円、資金10万円として)

  • レバレッジなし 1,000ドルの購入が可能
  • レバレッジ2倍  2,000ドルの購入が可能
  • レバレッジ10倍 10,000ドルの購入が可能

例えば、資金10万円でレバ10倍、1万ドルを買った場合、 もし1ドル100円だったレートが円安により110円に上がった場合、1ドルあたり10円上昇になり、 「(110-100)円×1万ドル=10万円」になり10万円の利益となります。

仮にレバレッジをかけていなければ「(110-100)円×1,000ドル=1万円」で1万円の利益となります。つまり、レバレッジをかけることにより、もらえる利益が大きくなりました。

ただし、逆に円高となり、1ドルが90円になり10円下がった場合は損失となります。

為替相場自体は1日に大きく動きませんが、レバレッジは掛ける割合とタイミングが重要となります。

初心者はFXに慣れるまではレバレッジは2〜3倍くらいで行うのがベストです。相場に慣れるにつれて、10倍以上などレバレッジの幅をあげていきましょう。