FX取引をはじめてみよう

無料口座を開設したら、FXの基本的な取引方法を確認しつつ実際にFXをはじめましょう。

下記の事項を確認したら、まずは練習してみましょう。
仮の資金を使って無料で利用できるデモトレードでの練習をおすすめします。

デモトレードといっても注文方法などは実際の取引と同じ方法ですので、システムの使い勝手や売買のタイミングなどの簡単な練習になります。

注文方法

FXの取引には、様々な注文方法があります。

基本的な注文方法

  • 成行注文
    基本となる注文方法で、すぐに売買が行えるメリットがあります
  • 指値/逆指値注文
    価格を指定した売買を行える注文方法です

応用の注文方法

  • IFD注文 (別名:イフダン)
    新規注文と決済注文を同時に行う注文方法です
  • OCO注文 (別名:オーシーオー)
    指値と逆指値の2つの注文を同時に出すことが出来る注文方法です
  • IFO注文 (別名:アイエフオー)
    上記のIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です

取引単位

FXの取引を行う際の最低取引額のことを「取引単位(=最低取引単位)」と言い、この単位ごとの注文を行うことになります。その為、この金額未満では、取引を行う事が出来ません。

多くの取引業者では1万通貨単位(例えば、1万米ドル単位、1万ユーロ単位など)になっていますが、中には1千通貨単位から取引が出来る取引業者もあります。

FXでは、レバレッジ倍率を利用した取引が行える為、投資金額の数十倍以上の取引金額で売買を行うことが出来ます。その為、取引単位分の金額を用意しなくても取引を行うことが可能となります。

例えば、1ドル=100円とした時に、1万ドル単位の取引を行うには、最低額として、

1万ドル×100円=100万円

の金額が必要ですが、レバレッジ倍率が100倍なら、証拠金として1万円を預けることで、

1万円×100(レバレッジ)=100万円

の取引を行うことが出来ます。

レバレッジや注文方法に慣れておくためにも一度デモトレードの利用をおすすめします。